2014年05月01日

うなぎの研究所!?

(アマチンアワー「一色のうなぎ」編は
スターキャットで4月22日(火)~5月5日(月)平日よる8時~/日曜あさ9時~放送)


ゴールデンウィーク、いかがお過ごしでしょうか?
アマチンアワーの「一色のうなぎ」編、
もしよければ西尾市一色に行ってみては?


さて

前回、養鰻場を見学されたアマチンさんでしたが



それとは別に、謎の施設に行った女子組。


ここはどこ?




この施設は「愛知県水産試験場 内水面漁業研究所」
うなぎの研究をしている施設なんです。



早速、お話を伺いました。

食用として親しまれているうなぎですが、
実はその生態は未知の部分が非常に多いのです。



これはうなぎの回遊を表した図。

うなぎは遠くの海 グアム付近で産まれ、
潮の流れに乗り日本へ帰ってきます。
そして再び子どもを産むため、はるかな海へと戻っていきます。


この時
日本に戻ってきたうなぎの一部を捕まえて養殖をしているのです。


『ということは、うなぎの供給は天然次第で安定しないの?』

そこで!この研究施設では安定してうなぎを供給するために
とある研究が行なわれているのです


次回はその研究についてお伺いします。

今回のこぼれ話はコチラ
「うなぎは大好きだけど、やっぱり高い!」という声が多いようですね・・・



視聴者プレゼントはコチラ


一色で愛情込めて育てられたうなぎを
丹精込めて加工した「蒲焼真空パック」!
こちらを3名様にプレゼント!

どしどしご応募ください!!
                     

Posted by アマチンアワー どえりゃ~ナゴヤ at 08:00Comments(1)TrackBack(0)一色うなぎ