2014年06月01日

白川茶リポート~その⑤~

(「アマチンアワー」は
スターキャットで平日よる8時~/日曜あさ9時~放送)


次回6月3日(火)更新のアマチンアワー新エピソードは「白川茶」編。
放送に先駆けて、番組内の「手もみ保存会」の匠の技を紹介しております



岡田リポーターの手もみ奮闘の様子をご紹介しています!

前回は「揉み切り」の工程まで終わりました。


  


茶葉も姿を変え、いよいよ仕上げの工程です!



ここからは「転繰揉み(てんぐりもみ)」の作業です。
茶葉をそろえて持ち、両手を使い強い力で茶葉を押し出していきます。


ちなみに
この時、葉の水分を飛ばすため焙炉(ほいろ)から熱がかけられています。
茶葉の温度は大体38~39度。結構暑いですね・・・。


この転繰揉みをじっくりと40分ほどかけて行なった後、
さらに「こくり」という仕上げの工程に入ります。




茶葉を分け、左右の手で交互に回転させながらもみこんでいきます。
これが仕上げの工程となるため、職人の皆さんも真剣です。


40分ほどしっかりと揉み上げます。



最後に焙炉の上に広げて乾燥させれば完了です。

最初に葉を蒸してからここまでなんと5時間!
出来上がる量は3kgの茶葉から600gほど。

手間も工程もまさに至高の一品!
本当にお疲れさまです・・・。




次回のブログでこれまでの工程を振り返ります。
次回もお楽しみに。

視聴者プレゼントはコチラ



手もみ茶の職人さんが丹精込めて揉みあげた、
美濃白川茶の最高級品「初摘み 手もみ茶」20gを
3名様にプレゼントします!
どしどしご応募ください!!
             

Posted by アマチンアワー どえりゃ~ナゴヤ at 08:00Comments(1)TrackBack(0)白川茶